ごあいさつ

ひとりごと

2018-11-07 16:06:00

CIMG8323.JPG

CIMG8324.JPG

 本日午後1時半より、善行寺定例聞法会「七日会」が開催されました。

始めに、皆で正信偈をお勤めしました。

次に、20日に行われる同朋講のお知らせがありました。

続いてテキスト「大きい字の法話集②」を皆で音読しました。

その後、住職よりお話をいただきました。

・体が思うように動けなくなった自分を受け入れるのは、意外と大変なんです。

・老いていくということは大変なんです。

・いずれ人の世話になっていかなくてはならないのが、私たち人間なんです。

・老いを受け入れることより、病を受け入れることはもっと大変なんです。

・いのちは、深いところから私たちに呼びかけている。

・勉強とは、ものを考える土台を自分の中に作ることである=「学ぶ」

・「遊ぶ」とは、生活のこと。生活する場の空気を感じたり、文化に触れること。

・学ぶということは、先生が必要なんです。

・文字のこころをいただく。

・勉強することの意味がわからないと、勉強する意欲につながらないんです。

・法名の「釋」の一字が、世間のあらゆる価値観を超えたところにいますよ!の意

       以上住職の話より抜粋

そののち、准坊守による歌の時間を楽しみました。(写真下)

発声練習→体操→歌の時間と、有意義なひとときとなりました。