ごあいさつ

ひとりごと

2019-03-07 16:09:00

CIMG8383.JPG

CIMG8384.JPG

CIMG8385.JPG

 3月になりまして、今年初めての七日会を開催しました。

朝から小雨は降っていましたが、七日会を心待ちにしていた方々が、続々と来られました。

 有り難いことです。

さて、始めに正信偈をお勤めしました。その後、テキスト「今日のことば」を皆で音読しました。

 その後、住職よりお話をいただきました。

・「聞(もん)」ということは、感じるこという。生活の中で、ふかいところからうったえかけることを感ずる。

・いのち、人の身をいただいた尊さに気づかずに生きている。

・自己関心中心のところでしかいきれない私たち。

・自己関心と自己執着がくっついてわたしが出来ている。

・空しさを感じるその内容こそが、実は仏さまの願いのうながしなのです。

・信心は、足る足らんの問題でない。

・「人間の一生って何なんだろう?」感覚したことば。

・生活した中で、ふっと気づく。

・自己主張は程ほどに…。

・省エネ人間関係ですよ。

以上住職の話より抜粋

 後半は、准坊守による合唱の時間でした。

始めに、軽く体を伸ばし、発声練習をしました。

 その後、早春賦を歌いました。皆さん、いい声が出ていて、とても上手でした。

この調子でお稽古していけば、当山報恩講御取越もにぎにぎしくなりそうです。

 最後に、恩徳讃を歌って閉会となりました。