ごあいさつ

ひとりごと

2019-03-20 17:14:00

CIMG8387.JPG

 

CIMG8386.JPG

 

CIMG8388.JPG

 3月18日(月)から春のお彼岸に入りました。

 

明日21日は、春分の日であり、お彼岸のお中日でもあります。

 

 善行寺本堂内も打敷を掛け、御団子をお供えしました。

 

今年は例年より雪が少なかったおかげで、境内のお墓参りも楽々と参ることができます。

 

 是非、皆さんでお参りにお出でください。

 

 


2019-03-07 16:09:00

CIMG8383.JPG

CIMG8384.JPG

CIMG8385.JPG

 3月になりまして、今年初めての七日会を開催しました。

朝から小雨は降っていましたが、七日会を心待ちにしていた方々が、続々と来られました。

 有り難いことです。

さて、始めに正信偈をお勤めしました。その後、テキスト「今日のことば」を皆で音読しました。

 その後、住職よりお話をいただきました。

・「聞(もん)」ということは、感じるこという。生活の中で、ふかいところからうったえかけることを感ずる。

・いのち、人の身をいただいた尊さに気づかずに生きている。

・自己関心中心のところでしかいきれない私たち。

・自己関心と自己執着がくっついてわたしが出来ている。

・空しさを感じるその内容こそが、実は仏さまの願いのうながしなのです。

・信心は、足る足らんの問題でない。

・「人間の一生って何なんだろう?」感覚したことば。

・生活した中で、ふっと気づく。

・自己主張は程ほどに…。

・省エネ人間関係ですよ。

以上住職の話より抜粋

 後半は、准坊守による合唱の時間でした。

始めに、軽く体を伸ばし、発声練習をしました。

 その後、早春賦を歌いました。皆さん、いい声が出ていて、とても上手でした。

この調子でお稽古していけば、当山報恩講御取越もにぎにぎしくなりそうです。

 最後に、恩徳讃を歌って閉会となりました。


2019-03-06 11:47:00

CIMG8381.JPG

 

CIMG8382.JPG

 春の彼岸を迎えるにあたり、善行寺境内にあります、永代供養墓のおローソクたて、お線香あげを新しくしました。

 永代供養墓は、いつもお花があがっていて、ご縁のある方々がいつでもお参りできるように、きれいに保たれております。

 どうぞ、お気軽にお参りください。

 さて、明日3月7日(木)午後1時半より、善行寺聞法会「七日会」が開催されます。

どなたでも参加できるアットホームな会ですので、参加してみてはいかがでしょうか。

 初めて参加される方、大歓迎ですよ!

皆さまの、お越しを心待ちにしています。

 

 


2019-03-01 14:14:00

CIMG8378.JPG

CIMG8377.JPG

CIMG8380.JPG

 3月に入りました。

善行寺大門前の伝導掲示板①のことばを新しくしました。

 

 手を合わす 姿が伝わる 仏の声

 

これは、本年5月5日開催の 長岡市仏教会 長岡市花まつり奉讃会 「花まつり」の聖句に選ばれたことばです。

 

 掲示板②は、東本願寺春の法要のお知らせと縁寺んすのポスターを張りました。

 

 

 


2019-02-26 15:42:00

CIMG8373.JPG

  

CIMG8375.JPG

 

CIMG8376.JPG

 2月下旬というのに、善行寺本堂周辺はご覧のとおり(写真上)です。

靴を履いて楽々と、お墓参りもできます。

 そんな中、お寺の花壇に雪割草が咲いていました。(写真中)

住宅のベランダには、昨秋若坊守とお寺の稚児Yーカちゃんが植えた、チューリップが芽をチョコンと顔を出していました。(写真下)

いづれも春の訪れを知らせてくれているようで、ワクワクしますね。


1 2 3 4 5 6